• ホーム
  • 低用量ピル「ルナベル」による生理日移動の方法

低用量ピル「ルナベル」による生理日移動の方法

低用量ピルで、生理日を移動させることができます。
普段からルナベルを使用している場合、通常の服用方法では、21錠タイプなら21日間服用して7日間休薬し、28錠タイプなら全て飲み終わったらすぐに次のシートに移ります。
生理日を移動させる場合、早めるには実薬を早めに終えてプラセボまたは休薬期間に入り、遅らせたい場合にはその日数分を次のシートから借ります。
このように、低用量ピルを日常的に利用している場合には、生理日の移動も手軽にできます。

今までピルを使用したことのない人が生理日の移動をしたい場合に、ルナベルはおすすめの低用量ピルです。
ルナベルは一相性ピルで、プラセボ錠以外は同じ錠剤なので、初心者でも使いやすくなっています。
生理を早める場合には、生理初日から飲み始めて、早めたい日まで飲み続けます。
服用をやめると、2~3日でいつもより量の少ない生理が来ます。

生理を遅らせる場合には、生理予定日の5日前から飲み始め、生理を避けたい日まで飲み続けます。
飲み終えると、2~3日後に生理が来ます。
移動は、長くても10日程度です。
移動させた場合、生理周期は今回の生理が基準になります。
生理を早める方法では、生理を避けたいイベントの間は服用する必要がないのがメリットですが、早めに飲み始める必要があります。

生理周期が安定していない場合には、予定日をピルで移動させるのは難しくなります。
普段から低用量ピルを服用することで、生理周期を安定させれば、最初に書いたように簡単に移動させられますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ピルの服用については、避妊のために利用するときと同様、1日1錠を同じ時間に内服するようにします。
飲み忘れると効果がなくなりますので、注意してください。

関連記事
ピルを飲むと肌荒れが改善される!? 2019年11月12日

ピルには、避妊効果だけではなく、さまざまな副効能があります。そのいくつかをご紹介しましょう。意外な効能として、肌荒れの改善があげられます。皮脂分泌が多くなって起こるにきびや吹き出物などは、ピルでホルモンバランスを整えることで改善されます。皮脂を分泌する皮脂腺は、性ホルモンの影響を受けるため、ホルモン...

ピルによる腹部の痛みと血液検査 2019年09月12日

ピルは子宮内膜症や子宮筋腫などの治療に使われているので、背中や腹部の痛みを抑えることができます。腹部の痛みの原因が生理の場合は低用量ピルを服用することで改善できるので、正しく飲んでいると自然に腹部の痛みが治癒します。また子宮内の血液の循環が悪い場合にはピルを服用すると妊娠状態になることで、子宮内膜症...

ピルの豆知識~初診の内容と食欲の変化 2019年10月18日

ピルは婦人科で処方してもらいますが、初診の際にはどんな検査を行うのでしょうか。避妊用として処方される場合、クリニックによって検査内容は異なりますが、問診のみの場合や、問診の他に血圧測定や超音波検査、内診などを行う場合もあります。あらかじめ、どんな検査を行うかを問い合わせてから来院すると安心です。初診...

心房細動のある女性のピル服用とスポーツでの活用法 2019年08月26日

心房細動は心臓の病気なのでピルを服用すると血液の流れが悪化するので、むくみがひどくなったり、血栓症のリスクが上昇するので、服用することはできません。またピルを服用して不整脈や心房細動が起きた場合には血栓症の恐れがあるので、試用期間を受診して適切な治療を受けなければ命の危険があります。一般的には心房細...

中用量ピルの服用時は献血ができない? 2019年08月09日

ピルと言えば避妊薬として有名ですが、一般的に毎日飲むようなピルは低用量に分類され、避妊に必要な女性ホルモンのバランスがとれるギリギリの成分で構成されています。その分だけ副作用も少なく、女性の体に負担が少ないとされています。低用量と言われることからもわかりますが、ピルには中用量や高用量といった区分けが...